お役立ち情報

こちらでは「お役立ち情報」について書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

自分に合った結婚相談所の選び方

メインテーブルのお花は優しい色で

 

初めての結婚は、恋人同士が自然な流れとして共に人生を歩んで行きたいと願う場合、また出会いの場を通じて結婚に行き着く場合、どちらも結婚とは何か、わからないまま、それそれの理想を持って始まります。

そこで、まず自分はどんな理想を持っているかを考えてください。頭の中では、理想と現実は違うとお分かりになっていても、妥協はできないのが正直なところだと思います。

まず、属性を大切にする人、例えば学歴や職業、年収を一番とするなら、そういう会員が多く登録している会社を選ぶべきでしょう。そこで難しいのが、会員の層をきちんとホームページで公表できる会社かどうかが問題です。書いてなかったら、ぜひ利用者の層のデーターを見せてもらいましょう。

次に外見を第一と考える人、多くの会員の写真が見れるシステムのある会社が良いですね。身長や体重は誰しも少々サバを読む傾向にありますが、写真では体形はごまかせません。ただ写真館での写真は至極の一枚と考えましょう。

性格や考え方・価値観が近い人が良いと思う場合、できるだけ多くの人と直接会ってお話しできる環境のある会社がいいでしょう。慎重になりすぎて、完璧でなければ会えない方は、本当のお相手の良さがわからないものですよ。            

広告のテクニックで中身のない会社も良く見えてしまうのが、婚活のプロでない証拠です。他の会社で活動中の方でも、気軽に参加頂けますので、ご質問があったらお気軽にご相談ください。偏らないお答えができると思います。

 

結婚相談所で結婚できる人、難しい人

海外でのガーデンウエディング風景

ここでは、私のアドバイザー経験に人生経験も加えてお伝えします。

ほとんどの場合、すぐにいい人が見つかるだろうなと分かる人は、実際に3ヶ月~9ヶ月で結婚に向けての交際が始まります。もちろん根拠のない事ですから、大きな声では言えないものですが・・・(笑)

一番は素直な性格の人、それから前向きな考えを持とうと努力する人、自分を知ってる人(いい所を伸ばし、悪い所を改善しようとする)は応援者も多く、だれもが助けてあげたくなるものです。

その逆に猜疑心が強く、自信がなさすぎる人、自分を知らない人(周りにどう思われていても、自分中心の人)、なんでも周りのせいにする人は、難しいようで、なかなか決まらないものです。

性格ももちろん大事ですが、どんな属性でも、ルックスでも、誰にでも笑顔で接する愛嬌が最高の宝です。

ナンバーワンをアピールする会社が沢山あるのはなぜ?

ご両親にプレゼントされた花束

どの会社にもアピールポイントがあります。ただ、言わなくてもいい自社のウィークポイントには触らず、表現方法や見せる局面を変えて広告を出すのが普通です。

例えば、入会金ゼロとか登録料無料とか、返金保証とか大きな字の下に但し書きがある場合が多いので、注意が必要です。

グラフの見せ方にもからくりが隠れていることがありますので、比較している数値の単位や項目は気を付けてみて見てください。

会員数ナンバーワンは自社だけの登録会員なのか?フランチャイズのデーター交換やお見合いが不可能に近い人も入っているのではないか?年齢や学歴、年収等まったく希望の合わない人が多ければ、ナンバーワンの価値はありますか?

成婚退会率ナンバーワンは成婚という言葉のくくりにより変わっていきます。お見合い中心で成婚料を取る会社は、交際(並行して会うことができないシステム)3ヶ月すると成婚退会をさせて、両方から成婚料を取るか、決めきれない場合、月会費を払い続け、お休みが取れないので、成婚率が上がってしまいます。

なにはともあれ、成婚退会が本当の幸せな結婚につながってこそ、結婚相談所の存在価値はあるというものですね。

(本当のことを書き過ぎましたので、この記事が特定の結婚相談所の方にお叱りを受けないことを祈ります)

 

生涯独身率(未婚率)の現実をご存じですか?

LOVE

今や『結婚適齢期』という言葉は使う人の方が認識不足と叱られてしまう時代です。結婚しなければ幸せでないわけでもありませんし、幸せの形は人それぞれですものね。

「人を好きになった事がないんです。」と相談を受けた20代男性や 親の為に婚活を始めたものの、マイノリティである悩みを打ち明けてくれた女の子の事を考えると、誰も口をはさめない人の生き方につながるのが『結婚』の選択なのかもしれません。

実は国勢調査では、50歳を区切りとして、49歳までに結婚しない人を生涯独身と呼びます。今やその割合は男性約30%、女性25%です。

結婚する人の割合は                       18~24歳(男性9.7%・女性21.2%)25~29歳(男性29.8%・女性36.3%)  30~34歳(男性19.7%・女性18.5%)35~49歳(男性16.8%・女性14.2%)  <この中には結婚後の死別,・離別の割合は入っていません。>

もし、理想の家庭像をお持ちなら、現実をふまえて、ご自身の立ち位置を認識し、行動を起こしてくださいね。

 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

03-3731-7600
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜日